三江線えき縁日まつり – 力あわせてがんばろう!三江線えき縁日まつり
2018.8.12(日)
  • 午後3時~
  • 鹿賀駅一般開放は午後2時まで
  • ※「水の国」での昼の部は中止となりました。
    一部、会場が変更となりましたのでご注意ください。
    ※ミニトレイン運行は延期となりました。ご了承ください。
力を合わせてがんばろう!三江線えき縁日まつり

西日本豪雨復興応援イベント

力あわせてがんばろう!
三江線えき縁日まつり

2018年3月に廃線になったJR三江線。
その中の、ちいさな駅「鹿賀駅」を舞台に、グルメやライブが楽しめます!

廃駅を使った、新しいお祭り。

三江線は廃線になっても、駅や線路は今もつながっています!
鹿賀駅では、線路を歩いたりホームに座ったりしてみよう!
三江線グルメや廃駅ライブ、ジオラマ模型の展示なども楽しめます。
○JR江津駅からバス江津川本線への時刻表はこちら

時刻表

鉄道模型の展示!

三江線キハ120の模型や駅のジオラマを展示。当イベント限定の鉄道模型(キハ120・宇都井駅)先行予約会も!午後3時~午後6時に三江線キーホルダー作りも行います!

流しそうめん!

山陰地方の竹を使った流しそうめんで、涼しんじゃおう!竹製の容器やおはしも持ち帰れる!(要予約)午前11時から3回行う予定です!

廃駅に入っちゃおう!

午後2時までは、旧鹿賀駅を一般開放。線路を歩いてみたり、ホームに座ったり。写真撮影を楽しんじゃおう ※スタッフの指示にお従い下さい

廃駅が、ロマンチックな
ステージに

今はもう列車のとまらなくなった鹿賀駅。駅のホームが、蛍型LEDと竹灯籠で彩ったステージに生まれ変わりました。
三江線沿線グルメを味わいながら、沿線アーティストの演奏や石見神楽が楽しめます。

三江線のグルメが満載!

広島県三次市~島根県江津市の旧三江線各駅から、石見和牛や天然ウナギなど、川と山の恵が大集結。味わえるのはここだけ!

豪華アーティストによる駅ホームでの屋外ライブ

廃駅を舞台に、しまねっこ、石見神楽団、鈴木トオル(元バンド「LOOK」ボーカル)ら豪華ゲストが上演。エアトレインの世界チャンピオンによる、三江線完全再現ショーも!
(※エアトレインはキングレコード株式会社の登録商標です)

会場を彩るのは、竹灯籠と蛍型LED

鹿賀駅や線路、お寺に続く参道など集落全体に竹灯籠約600本と蛍型LEDのイルミネーションが。ちょっと儚く、ノスタルジックな雰囲気が楽しめます。

アクセス

会場住所 江津市桜江町鹿賀 鹿賀駅

バス時刻表はこちらです

お車でお越しの場合

JR広島駅から約1時間40分
JR松江駅から約2時間
大朝ICから約45分

バスでお越しの場合

「江津駅前」から約55分

駐車場

鹿賀駅周辺 200台